楽天証券

トップページ > 証券会社一覧 > 楽天証券

楽天証券

楽天と付けば、
インターネットショッピングサイト最大手の楽天が運営していることがすぐわかると思います。

楽天はショッピングサイトだけでなく、
ネット銀行など幅広く事業を展開していて、証券会社もその一つです。
楽天というネームバリューはさすがに安心感がありますね。初心者にオススメです。

「楽天証券の口座開設」に進む→


低コストはネット証券選びの必須条件

楽天証券の取引手数料は業界最安レベルの145円/1回となっています。145円というのは最低手数料金のことで、
実際は約定代金に応じて手数料が決まります。詳しくは下記の表を参照してください。
約定代金というのは売買での取引額のことです。ちなみに取引が成立することを“約定(やくじょう)”といいます。

ネット証券を利用する理由の一つに低コストというのがあったと思います。
ですので、手数料が安いということは、証券会社選びの必須条件です。

オンライントレードツール、マーケットスピード

株への投資で成功するには様々な情報を分析し、いい株を安く買う必要があります。
特に安く買うことにおいて、トレードツールを使いこなすことが必要になってきます。
リアルタイムで変動する情報をいち早くキャッチしなければならないからです。

マーケットスピードは楽天証券が提供しているオンライントレードツールです。
有料ツールなのですが、無料で使える条件がいくつかあって、結局のところ、ほとんど(99.5%)の投資家が、
無料で使っているようですので、まずは初心者にも気兼ねなく使ってもらいたいツールです。

なにより、操作は簡単で、必要な情報が洩れなく、すぐに閲覧できる高機能ツールですので、
初心者からベテラン投資家まで、多くの人が利用しています。

スペック


手数料(税込)

~10万 ~20万 ~50万 ~100万 ~300万 ~500万 ~1,000万
約定ごと 150円 199円 293円 525円 994円 994円 994円
1日定額 0円 206円 463円 926円 3,240円 5,400円 10,800円

特殊注文

逆指値
W指値
±指値 ×
連続注文 ×
反対売買注文 ×
不出来引け成行
先頭指値 ×
優先指値 ×
現在値指値 ×
期間指定注文 週末まで

取扱商品

ETF/REIT
ミニ株 ×
投資信託
IPO
中国株
米国株
国債
制度信用
一般信用
FX

入金無料銀行

みずほ銀行
三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
スルガ銀行 ×
ジャパンネット銀行
楽天銀行
セブン銀行
じぶん銀行 ×
ゆうちょ銀行

テクニカルチャート

価格帯別出来高
ボリンジャーバンド
一目均衡表
MACD
ストキャスティクス
RSI
RCI
移動平均線乖離率

取扱市場

東証
大証 ×
名証
福岡 ×
札幌 ×
JQ
マザーズ
ヘラクレス ×

対応携帯

iPhone
i-mode
EZweb
Softbank
WILLCOM

ページ先頭へ戻る